しんチャン

ポイント数・ランキング

【しんチャンさんのお部屋】 賑わいの草津温泉の近くに実際に在った悲惨な施設

しんチャンさんの評価 



数日前にネットで知った群馬県草津町に在る国立療養所栗生楽泉園の敷地内にかってあった「特別病室」の事ですが病室とは名ばかりで実際には患者を重罰に処すための監房として使用されていましたが60年以上を経た現在は基礎部分を残すのみとなっていますが、5年前に重監房史料館が開館、館の中に重監房が再現されたりハンセン病問題に関する資料を始め差別と偏見の解消を目指す拠点施設です、重監房は再現展示を見てみると、あの網走刑務所の独房より何倍も過酷の様子が分かり「注 監房経験ありませんので念の為」コンクリ造りの狭い部屋には窓も無く灯りがさす程度、冬には雪が入り込み薄い敷き掛け布団のみで寝汗が凍り亡くなって行く人が数多くおられたそうです。負の遺産として後世に伝える普及啓発の拠点として何よりの資料館でした。
山里に在る小さな道の駅、併設している日帰り温泉付きのRVパーク応徳温泉
道の駅六合(一泊2500、入浴券3回分)食事処や物産センターは夕方5~6時頃終わってしまうようですしお風呂は最終受付19時30分、100%天然温泉で小さな内風呂ひとつですが地元の気さくなお年寄りとの交流も楽しいカモです。
投稿カテゴリー 車楽レポート
利用日・写真撮影日 2019/09/20
くるま旅施設名 RVパーク応徳温泉 道の駅六合
このレポを見て、いい旅してる!と共感いただいた方は、
是非左の旅ケロ「いい旅!」ボタンをクリックしてください。
つわもの会員の励みとなります。ヨロシクお願いします!

コメント

このレポートへのコメントはありません。

このレポートにコメントする

コメントできるのは、つわもの会員のみです。
つわもの会員の方はログインしてからコメントしてください。


"}