くるま旅クラブ「ビギナー会員」入会受付スタート

安心・快適な日本RV協会認定車中泊施設・RVパーク

RVパークとは、キャンピングカーオーナー様や車中泊ファンの皆様に、『快適に安心して車中泊が出来る場所』を提供するために日本RV協会が推進しているシステムです。

全国の道の駅をはじめ、日帰り温泉施設、オートキャンプ場や湯YOUパークとの連携で、今後日本各地に続々オープン予定です。
あなたの新しい気軽な旅のスタイルとしてRVパークをぜひご利用ください。

RVパーク・施設一覧はこちら

コンセプト

RVパークとは「より安全・安心・快適なくるま旅」をキャンピングカーオーナー様をはじめとする車中泊ファンの皆様に提供するものです。

基本的な考え方

駐車場での車中泊を公認されたものとお考えください。 有料ではありますが電源設備なども完備されています。しかし、いわゆるキャンプ場ではありませんので車外での調理等はご遠慮ください。

概要

駐車場などの一画に車中泊専用の有料宿泊エリアを設けてあります。 そのエリアでは一般的な駐車場に比べるとゆったりとしたスペースが確保されており、一週間程度の滞在も可能です。

施設面では24時間利用が可能なトイレ、100v電源供給設備やごみ処理を引き受けるシステムをユーザー様は利用することができます。 さらにほとんどのRVパークでは入浴施設も利用が可能です。

一般的なご利用方法

  • ほとんどのRVパークは予約が不要ですが、一部のRVパークでは予約が必須となっています。
    (ご利用台数に限りがあり繁忙期には使えないこともあります。)
  • 現地に到着されましたら受付を行ってください。
    (各施設ごとに異なる料金設定やルールがございますのでご注意ください。)
  • ご自分のスペース内においては車外へイスとテーブルを持ち出すことも可能です。
    (ただし、車外での調理は禁止です。)
  • 直火はもちろん禁止です。
    (直火でなくてもたき火やバーベキューはご遠慮ください。)
  • もちろんキャンピングカー以外のお客様もご利用可能です。

定義

下記の条件を満たし、日本RV協会が認定したものです。

  1. ゆったりとした駐車スペースで、一週間くらいの滞在が可能
  2. 24時間利用が可能なトイレ
  3. 100V電源が使用可能
  4. 入浴施設が近隣にあることが望ましい
  5. ゴミ処理が可能
  6. 入退場制限が緩やか 予約が必須ではないこと

今後の展開

道の駅での車中泊は仮眠としては認められていても、そこに滞在することはマナー的に問題があると言えます。

日本RV協会ではキャンピングカーオーナー様が安心して車中泊することのできる公認エリアが必要と考え、RVパークの拡大を図って参ります。

当面は全国に100カ所程度の設置が目標ですが、将来的には1000カ所程度にしたいと考えています。

RVパークの候補地大募集中!

日本RV協会ではRVパーク認定をご希望なさる施設を募集しています。
詳しい説明をご希望の方は、下記ページから日本RV協会事務局までお問い合わせください。
お問い合わせはこちら  ⇒よくあるご質問はこちら  ⇒開設までの流れはこちら

RVパーク・施設一覧はこちら