くるま旅施設は、車中泊可能な駐車場です。キャンプ行為はできません。マナーを守ってご利用ください。
休業中のくるま旅施設がございます。ご利用の前に各施設へお電話等での確認をお願いします。

くるま旅 施設ご案内

RVパーク
誰でもOK

安心・快適な日本RV協会認定車中泊施設「RVパーク」

RVパークとは、キャンピングカーオーナー様や車中泊ファンの皆様に、『快適に安心して車中泊が出来る場所』を提供するために日本RV協会が推進しているシステムです。

全国の道の駅をはじめ、日帰り温泉施設、オートキャンプ場や湯YOUパークとの連携で、今後日本各地に続々オープン予定です。
あなたの新しい気軽な旅のスタイルとしてRVパークをぜひご利用ください。

RVパークとは?RV PARK

コンセプト

RVパークとは「より安全・安心・快適なくるま旅」をキャンピングカーオーナー様をはじめとする車中泊ファンの皆様に提供するものです。

基本的な考え方

駐車場での車中泊を公認されたものとお考えください。 有料ではありますが電源設備なども完備されています。しかし、いわゆるキャンプ場ではありませんので車外での調理等はご遠慮ください。

概要

駐車場などの一画に車中泊専用の有料車中泊エリアを設けてあります。そのエリアでは一般的な駐車場に比べるとゆったりとしたスペースが確保されており、一週間程度の滞在も可能です。

施設面では24時間利用が可能なトイレ、100v電源供給設備やごみ処理を引き受けるシステムをユーザー様は利用することができます。さらにほとんどのRVパークでは入浴施設も利用が可能です。

ご利用方法
  • ほとんどのRVパークは予約が不要ですが、一部のRVパークでは予約が必須となっています。
    (ご利用台数に限りがあり繁忙期には使えないこともあります。)
  • 現地に到着されましたら受付を行ってください。
    (各施設ごとに異なる料金設定やルールがございますのでご注意ください。)
  • ご自分のスペース内においては車外へイスとテーブルを持ち出すことも可能です。
  • もちろんキャンピングカー以外のお客様もご利用可能です。
ご利用の際の禁止・注意事項
  • 車外での調理は禁止です。
  • 直火はもちろん禁止です。(直火でなくてもたき火やバーベキューはご遠慮ください。)
  • 駐車中では、必ずエンジンを停止してください(アイドリング禁止)。
  • 発電機の使用及び騒音等、周辺(車中泊客)に迷惑のかかる行為は禁止です。
  • ゴミ・吸い殻などのポイ捨て、不要物の置き去りも禁止です。
  • 排水については、利用される施設ごとに可否を含め確認し、その処理方法については、必ずその施設のルールに従ってください。例えグレータンクでも、その場での排水は絶対にお止めください。
  • 駐車場内での、事故・盗難等については、責任を負いかねますので、ご了承ください。
定義

下記の条件を満たし、日本RV協会が認定したものです。

  • ゆったりとした駐車スペースで、一週間くらいの滞在が可能
  • 24時間利用が可能なトイレ
  • 100V電源が使用可能
  • 入浴施設が近隣にあることが望ましい
  • ゴミ処理が可能
  • 入退場制限が緩やか予約が必須ではないこと
今後の展開

道の駅での車中泊は仮眠としては認められていても、そこに滞在することはマナー的に問題があると言えます。

日本RV協会ではキャンピングカーオーナー様が安心して車中泊することのできる公認エリアが必要と考え、RVパークの拡大を図って参ります。

当面は全国に100カ所程度の設置が目標ですが、将来的には1000カ所程度にしたいと考えています。

施設様向けのよくあるご質問Q&A

「RVパーク」とは?
「より安全・安心・快適なくるま旅」を、キャンピングカーオーナーをはじめとする車中泊ファンの皆様に提供するものです。有料ではありますが電源設備なども完備されています。しかし、いわゆるキャンプ場ではありません。施設使用料金よりも、滞在費での収益をご検討ください。
RVパークとして加盟する(認定を受ける)ための施設要件(条件)は?

基本的な条件として

  • ゆったりとした駐車スペースを有していること
  • 1週間程度の駐車が可能であること
  • 近隣に入浴施設があるか、あるいはシャワー設備を備えていることが望ましい
  • ゴミ処理が可能であること
  • トイレなどの設備を有していること
  • キャンピングカーなどが使用できる電源コンセントが設置されていること
  • 入退場の制限が緩やかであること

の7つを設けております。
RVパークへの登録をご希望の際は開設提案書をお送りします。詳細はそちらをご参照ください。

RV協会加盟にあたって、会費等の費用は発生する?
当協会は「キャンピングカー及びキャンピングカーの用品を製作・販売する事業者」が加盟する協会です。RVパークとして参加いただく際には賛助会員としてご入会いただいたうえで、整備していただいた施設を当協会が認定する形です。
認定に関して当協会に賛助会員としてご入会いただく入会金・年会費が発生します。看板や設備などの設置は各施設様でお願い致します。
あくまでキャンプ場とは異なるという主旨をご理解いただき、2,000円台での料金設定をお願い致します。
施設側がすることは何がある?
まずは「資料のお問合せ」をお願い致します。詳細な条件などが書かれた提案書をお送り致します。
そして、開設に向けて動いていただけるようでしたら、「賛助会員入会申請」・「調査員の受け入れ」を お願い致します。
その後は「各種書類のご提出」「RVパーク看板の設置」「認定証の受取」をお願い致します。
「認定証の受取」は『受取のみ』『オープニングセレモニー内で受取』など施設様のご希望に対応します。 開設後は「利用数調査」をご提出いただきます。
施設情報に変更が生じましたら、施設様の方で随時更新いただけるシステムとなっております。
協会のバックアップは何がある?
主に広報面での支援になります。協会HP、雑誌記事としての掲載を随時行っております。

開設までの流れFLOW

ここでは、開設されるまでの流れをご説明しています。

1資料請求・お問い合せ

お問い合わせいただければ、メール又は郵送でRVパークの概要資料をお送りします。

【送付物内容】
RVパークチラシ 1枚 / RVパーク提案書 1部 / RVパーク事例 1部
その他状況に応じて増減します。

2調査お問合せ

RVパーク開設の条件に合致しましたら、再度お問い合わせください。
RVパーク推進委員が伺い、現地調査を行います。(状況によっては省略される場合もあります。)
その報告を受け、「認定可」・「改善後認定可」・「認定不可」の判断を致します。「認定可」・「改善後認定可」の場合は、「入会申請書類」をお送り致しますので、当協会賛助会員への入会申請の判断を致します。

3認定申請

■「認定可」の判断を受けた方
「認定申請書」と、より詳細な施設様の情報を知る為の「開設情報ヒアリングシート」をお送りしますので、そちらをご記入ください。

■「改善後認定可」の判断を受けた方
再度調査の問合せをお願いします。委員の者が伺います。 (改善部の程度によっては協会とのやりとりや、お写真を提出して頂くことで「認定可」とする場合もあります。)

4認定・開設

当方に申請書が届きましたら、開設へむけて日程の調整などの打ち合わせをしていきます。
「RVパークロゴデータ」をお送りしますので、看板の設置をお願いします。
ヒアリングシートが全て埋まりましたら、協会HPで公式に発表します。
認定証の授与は【受取のみ】【セレモニーを開催し受取】など施設様のご希望に対応します。

RVパークの候補地大募集中!

日本RV協会ではRVパーク認定をご希望なさる施設を募集しています。詳しい説明をご希望の方は、下記ページから日本RV協会事務局までお問い合わせください。

お問い合わせはこちら